離婚弁護士のコラム
Lawyer’s column

離婚コラム

離婚手続きを弁護士に依頼するメリット(離婚の初期段階)

公開日:2018.04.10

今回は、離婚手続きを弁護士に依頼するメリットについて解説いたします。

ご相談のお申し込みはこちらから

弁護士に依頼できること

離婚すると言っても、単に離婚届けにサインして市役所に提出すれば終わりというわけではありません。離婚に際しては、大まかには次のようなことを解決する必要があります。弁護士に依頼すれば、これらの点全てを解決に導くことができます。

 

一方で、弁護士に頼めないこともあります。

例えば、弁護士は自ら探偵のように相手方の不倫の現場を押さえたりはしません。また、法律上離婚が認められないようにすることはご依頼いただけても、相手方の心を円満だった頃のように戻すということも(がんばりはしますが)難しいと思います。

 

弁護士に依頼するメリット

状況の段階ごとに様々なメリットがあります。

例えば「離婚を考えている」といった初期段階では、助言により今後どのような点が問題となり得るのか、どのような行動をとるべきなのか、離婚によるメリット・デメリットを正確に把握できます。また、必要な資料とその収集についてもアドバイスを受けることができます。

初期段階で適切な対応をすることで、問題の複雑化を防ぎ、早期解決が図れます。仮に調停や訴訟になっても、有利に事態を運ぶことが可能になります。

次回の記事では、離婚の交渉段階で弁護士に依頼するメリットについてご説明します。

メールでのご相談はこちらメールでのご相談はこちら

関連記事

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談