離婚弁護士のコラム
Lawyer’s column

離婚コラム

年金分割

女性(妻)

妻が納めた年金は年金分割の対象になる?

公開日:2020.08.14

この記事の目次

[ Q ]私(妻)が過去に納めていた年金は、年金分割に関係がありますか?

法律相談のお申し込みはこちらから

[ A ]妻が納めていた年金も、年金分割の対象となる場合があります。

年金分割は、離婚を原因として、婚姻期間中に納付していた年金につき、年金の2階部分にあたる厚生・共済年金を分割する手続です。年金分割を求める側と年金分割を求められている側の年金を均分する制度ですので、年金分割を求める側の年金も当然考慮されます

「過去に納めていた年金」というのが、婚姻期間中に納めていたものであり、厚生・共済年金であれば、年金分割の対象となります
また、夫が納付していた年金よりも高額であれば、むしろ年金を夫側に分与することになるでしょう。

夫婦間で年金分割をした場合の見込額については、年金事務所で交付される年金分割情報通知書を確認する必要があります。

離婚時の年金分割でお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

メールでのご相談はこちらメールでのご相談はこちら

優しさと強さの離婚弁護士

依頼者満足度・相談対応実績

関連記事

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談