離婚弁護士のコラム
Lawyer’s column

離婚コラム

慰謝料はいつまで請求できる?

[ Q ]

慰謝料はいつまで請求できますか?

[ A ]

慰謝料を請求できるのは,原則として,

  1. 離婚慰謝料であれば,離婚の時から3年
  2. 不貞慰謝料であれば,
    「元配偶者」に対しては,不貞の事実を知ってから3年
    「不貞相手」に対しては,不貞相手を特定したときから3年です。

 

詳しい解説

慰謝料は,民法上,損害及び加害者を知った時から3年,不法行為の時から20年経過で,請求権が消滅すると定められています(民法724条)

1 離婚慰謝料

離婚による精神的苦痛という「損害」は,離婚時に知ったと考えられるので,離婚慰謝料は離婚の時から3年以内であれば請求できます。
この3年という期間は,法律上,訴訟や調停を申し立てること等で中断し,延長することができるものとされています(法律上このような期間を,「時効」といいます。)

2 不貞慰謝料

不貞慰謝料については,「元配偶者」に対しては,不貞の事実を知ったときから3年(不貞による精神的苦痛という「損害」を知ったときから3年)です。「不貞相手」に対しては,不貞相手を特定したときから3年(「加害者」を知ったときから3年)です。
この3年という期間も,「時効」の性質を有するので,中断し,延長することができます。

また,不貞行為(「不法行為」)から20年以内である必要もあります。この20年という期間も,「時効」の性質を有するので,中断し,延長することができます。

さいごに

離婚慰謝料・不貞慰謝料の問題でお悩みの方は,当事務所の弁護士にお気軽にご相談ください。

関連記事

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談