相手に会わずに離婚したい方へ
If you want to divorce without meet the other party

原則、相手に一度も会うことなく、
離婚協議を進めることが可能です

特に女性の方から多くご要望いただくのが、相手に会わずに交渉を進めたいというご相談。当事務所の離婚弁護サポートを通じて、基本的に相手と顔を合わせることなく、最後まで協議をすすめることができます。

弁護士がすべての窓口になります

相手との交渉を、すべて弁護士が代理で行いますので、依頼者様が相手に会って交渉を行う必要がありません。

裁判所で相手に遭遇する危険を回避できます

離婚調停は、相手方と開始時間がずれているため、基本的には裁判所の中で相手にばったり会ってしまうというケースは少ないです。もちろん、調停の待ち時間を過ごす控え室も相手とは別の場所が準備されています。

しかし、時間や控え室をずらしたとしても、どうしても裁判所内で相手と遭遇してしまう場合があります。そんな時でも、裁判所内では常に弁護士が一緒に行動していますので、ばったり会ってしまう危険を回避することができます。

住所を知られたくない場合は、秘匿できます

すでに別居していて、新しい住所などを知られたくない場合、相手に秘匿して協議を進めることができます。

関連コラム - 離婚したい -

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談