解決事例
Cases
協議・交渉 慰謝料 不倫・不貞 男女問題

不貞相手の配偶者から高額の慰謝料を請求され、4分の1まで減額できた事例

公開日:2021.11.17

この事例の目次
  • 事案の種類: 不貞慰謝料請求(請求された側)
  • 争点 : 不貞、慰謝料
  • 手続き(解決方法):  交渉

事案の概要と相談までの経緯

不貞(不倫)をしてしまったことにより、不貞相手の配偶者から高額の慰謝料を請求されたため、当事務所の弁護士にご相談されました。

弁護士の活動

不貞の事実については争いがなく、相手方に証拠も握られている状況であったため、慰謝料を減額できるかどうかが争点となりました。

そこで、依頼者の不貞への関与が積極的でなかったことや、支払い能力が乏しいこと、訴訟となった場合の金銭的時間的負担などを主張しました。

結果

弁護士が粘り強く交渉した結果、交渉期間1か月程度で、請求された金額の4分の1の金額に減額(当初の請求額の4分の3を排斥)したうえで、分割払いとする内容で和解することができました。

関連記事

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談