離婚弁護士のコラム
Lawyer’s column

離婚コラム

家裁統計からみる夫婦間における同居請求,協力請求,扶助請求事件の件数

公開日:2020.12.03

司法統計(裁判所監修で毎年発行され,インターネット上で誰でも閲覧できます)によりますと,夫婦間の同居・協力扶助事件の申立て受理件数は,平成30年の1年間で,全国で調停80件,審判41件,とのことです(毎年,似たような件数です)。

離婚等調停が毎年4万件以上,婚姻費用分担調停も毎年2万件以上受理されていることと比較しても,夫婦間の同居・協力扶助事件の申立件数は非常に少ないことがわかります。
なお,福岡県・佐賀県における平成30年の夫婦間の同居・協力扶助事件は,協力調停が福岡3件・佐賀0件,協力審判に至っては福岡0件・佐賀1件となっています(当事務所が申立てに関与した同居請求事件も,司法統計のどこかにカウントされていると思います)。

そして,この数少ない申立件数のうち,大部分(あるいはほぼすべて)が,同居請求か扶助請求のいずれかであると思われます。裁判所に正式な確認はしていませんが,裁判所書記官との雑談では「協力請求は実務上ほとんど見たことがない」と言われていました。

なお,当事務所では,夫婦間の協力請求にも力を入れており,令和2年にも協力請求審判事件を申し立てた実績がございます。

協力請求のサービスプラン・弁護士費用の目安はこちら

関連記事

夫婦間の協力義務,配偶者に対する協力請求を,積極的に活用しましょう
・家裁統計からみる夫婦間における同居請求,協力請求,扶助請求事件の件数(本記事)
夫婦間の協力義務,配偶者に対する協力請求の活用
協力請求の活用例① -配偶者に対する改善要求-
協力請求の活用例② -配偶者に対する情報開示請求-
協力請求の活用例③ -夫婦喧嘩にも裁判を-
協力請求の活用例④ -卒婚契約への適用-
協力請求・協力審判の弱点 -強制執行できない!?-
夫婦間の協力義務違反の効果
夫婦間の協力義務,配偶者に対する協力請求に関する当事務所の取組み

関連記事

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談