離婚弁護士のコラム
Lawyer’s column

離婚コラム

離婚に合意していても離婚協議書は作るべき?

[ Q ] 離婚に合意していても,離婚協議書は作るべきですか? [ A ] 結論として,離婚協議書は作るべきです。 合意を立証するために 仮に口頭で離婚条件が決まった場合でも,後日,決まったはずの離婚

アイコン 続きを読む

離婚コラム

共働きの場合の財産分与

[ Q ] 共働きの場合,財産分与はどのように行われますか? [ A ] 共働きの場合であっても,財産分与の割合は原則として2分の1となります。 もっとも,財産形成への貢献度等に応じて割合が変動するこ

アイコン 続きを読む

離婚コラム

へそくりは財産分与の対象になる?

[ Q ] へそくりは財産分与の対象になりますか? [ A ] へそくりも財産分与の対象になります。 まず,財産分与とは,夫婦が婚姻中に築いた財産を,離婚の際に分ける手続きです。 そして,婚姻中の配偶

アイコン 続きを読む

離婚コラム

卒婚に対する当事務所の取組み

当事務所は、法律事務所として、これまで多くの離婚案件に携わってきました。 弁護士に相談、依頼される方は、夫婦関係が修復不能となり、離婚しか選択肢がない状態になってから相談されることが多く、「あと半年、

アイコン 続きを読む

離婚コラム

卒婚のデメリット

卒婚のメリットを見ますと、卒婚はいいことだらけのような気もしてきますが、以下に述べるようにいくつかのデメリットもあります。特に離婚をすることにより得られるメリットが享受できないという視点は大事です。

アイコン 続きを読む

離婚コラム

卒婚のメリット

ここで、卒婚のメリットを整理しておきましょう。離婚しないことによる様々なメリットを享受できますし、家庭内別居や別居とは異なる様々なメリットを享受することができます。 1 身分関係、居住関係、法律関係の

アイコン 続きを読む

離婚コラム

卒婚と契約 -契約書は必要?-

私たち弁護士は、卒婚に限らず、2人で取り決めしたことについては、契約書などの書面の形式にすることを強くお勧めしています。 書面のない卒婚では、例えば、次のようなリスクが考えられます。 ① 同居卒婚と家

アイコン 続きを読む

離婚コラム

卒婚と契約 -卒婚とは契約なのか-

卒婚とは、契約なのでしょうか? この点、契約と評価できる卒婚もあれば、契約とは評価できない卒婚もある、というのが答えとなります。ご夫婦の実情に応じて判断が分かれるでしょう。 契約とは、一定の法的効果を

アイコン 続きを読む

離婚コラム

卒婚の種類 -同居卒婚・別居卒婚-

卒婚には大きく、2つの種類があります。「同居卒婚」と「別居卒婚」です。 同居卒婚とは 「同居卒婚」とは、卒婚後に同居生活をする場合です。多くは同居生活中に話し合って卒婚に関する何らかの取り決め(口約束

アイコン 続きを読む

離婚コラム

夫婦の状態からみる卒婚の位置付け

夫婦の状態を、ステージごとに時系列で並べた上で、卒婚はどの段階に位置付けられるのか、見ていきましょう。 まず、最後まで円満な夫婦の場合です。 ※クリックで拡大します 喧嘩をすることがあっても、その後仲

アイコン 続きを読む

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談